広島市立大学 情報科学部 知能工学科

広島市立大学広島市立大学 情報科学部

学科概要

理念・目的

知能工学科は人間性豊かな知識基盤社会の各領域において、人間の知的なコミュニケ ーション及び情報行動を支援するために要請される、多様かつ高度な知的情報システムを総合的に計画・設計し、具体的な学理や技術上の課題を設定してその解決を与え、 独創的かつ先駆的な主張を行う。

人材育成等の目的

知能工学科は、情報科学に関する知識をもち、知識基盤社会の各領域において人 間の 知的コミュニケーション及び情報行動を支援する知的情報システムを開発・研究 でき る技術者及び研究者を育成する。 人材養成の目的を達成するため、知能工学科では、知能ソフト ウェアコースと知能メディアコースの2コースを設置して、数理科学、コン ピュータサイエ ンス、情報処理技術
プログラミングを基礎とし、知識基盤社会に対応する知的 情報シス テムの開発及び研究のための知能ソフトウェアや知能メディアの技術を教育する。

人間の知的なコミュニケーション&情報行動を支援するシステムの構築

知能工学科では、知識基盤社会における人間の知的なコミュニケーション行動や情報行動を支援する高度な知能情報システムの技術者および研究者を育成するために、知能ソフトウェアコースと知能メディアコースの2コースを設置しています。また、両コースに共通な教育として、コンピュータグラフィックス、データベース、ディジタル信号処理、感性情報処理、最適化理論、情報理論、計算幾何学、数理論理学、グラフ理論概論、確率統計等が開設されています。

コース概要

知能ソフトウェアコース

知識情報処理に必要な人工知能、データマイニング、機械学習、知的情報検索エンジン、エージェント、発見的探索などを学び、知識基盤社会に重要な知能情報システムを開発できる人材を育成します。

知能メディアコース

画像、映像、幾何データ、音声、文書などのメディア情報処理に必要な画像情報処理、コンピュータグラフィックス、自然言語処理などを学び、知識基盤社会に重要なメディア情報処理システムを開発できる人材を育成します。

知能サイエンスコース

知能情報処理に必要な数理モデル化、最適化アルゴリズム、統計的情報処理、確率的情報処理、シミュレーションなどを学び、知識基盤社会におけるコンピュータの活用に必要な数理モデルや解析モデルを設計し利用できる人材を育成します。

PAGETOP